おやじ、フルコンの組手を考える

ここ数年の試合を見る限りにおいて「攻撃は最大の防御である!」を実践しているような組手を多く見かけます。
身体能力を強化し、手数で相手を圧倒、決め技を出すという事は理解できなくもないです。

しか~し、おやじになると相手を押し込めるほどの攻撃が出せなくなります。
稽古量が不足しているんだろって?
ん~まあ、そういうこともありますw

でもね、歳をとって空手を続ける上で「受け」「崩し」「返し」が重要になってくるように感じるんです。
現状のフルコンタクトルールにおいて、これらの技が使えるかとの疑問もありますが・・・
個人的には工夫次第で使えると感じています。

「受け」「崩し」「返し」ってすぐに出来るようなものでもないんですよね。
出来れば最初の頃から意識して欲しいかなと思います。

おやじのえねるぎ~

おやじは、朝にレッドブル、昼にリポビタン、夜に養命酒でばっちりえねるぎ~を補給しとるぞい。

って、いう話ではなくて、運動エネルギーの話です。

運動エネルギーの公式を見てみましょう。

K=(1/2)*(m*v^2)

運動エネルギーK[J]は(質量m[Kg]*速度v[m/s]の二乗)に比例していることを示しています。

ここで、速度の二乗がポイントですね。

Aさんの体重60Kg(軽量級)、Bさんの体重が100Kg(重量級)の二人が正拳での一発勝負をしました。
さて、どっちが勝つでしょうか?
ただし、全体重が拳にのり、かつ、Aさんは35Km/hのパンチ、Bさんは25Km/hのパンチが出せるとし(ちなみにボクサーのパンチの速さはだいたい40Km/h程度だそうです)、運動エネルギーがそのまま打撃力に変換されるとします。

ここまで、条件を制限すると運動エネルギーの計算ですみそうです。

結果は、以下の通りです。

Aさんの運動エネルギー:2836[J]
Bさんの運動エネルギー:2411[J]
※計算間違ってないよね。

Aさんの運動エネルギーの方が勝っており、上記の条件のもとで突きを出せば軽量級のAさんがかつる!!!

実際にはこんな単純な問題ではないですが、スピードが速いほど有効であるのは間違いないと思います。

次回は、おやじの突きや蹴りのスピードの上げ方について、考えてみようと思います。

おやじの正拳

おやじは怪我をしてはならない!

これが原則です。

稽古を見ていると中指から小指側で突きを出している人(特に子供)が多いです。

小指側は骨も細く怪我をしやすいので、人差し指と中指(拳頭)で突きを出すようにしたほうがいいですね。

写真で示すと、内出血して赤くなっているところです。

ちょっと、壁ドンしただけなんですけどね。結構腫れましたw

再度言います。

おやじは怪我をしてはならない!

これが原則です。