おやじ的開脚

上段への回し蹴りや横蹴りを出すには股関節の柔軟性が必要です。

(実際は股関節だけではなく、全身の柔軟性が必要なんですがね)

しかし、若者と同じように開脚していたら、それこそプチッと逝きかねません。

筋肉を伸ばすというより、ほぐすという感じにした方がいいかと思います。

普通によくやられている「ながら開脚」で、壁にお尻をつけて、壁に沿って開脚するっていう方法です。

おやじの脛なんて見たくねっていう方は飛ばしてください(=゚ω゚)ノ

壁にお尻をつけて、足を上げます。お尻が浮かない(落とす)ように、腰に二つ折りの座布団をあててます。

壁に足をつけた状態です。この状態で足首を曲げるとふくらはぎがしっかり伸びます。

そこから、一気にかぱっと開脚・・・してはいけません。

まずは足の重さだけで開く範囲にします。

人によってい違いますが、お尻、太ももの内側、ひざが引っ張られるかと思います。

呼吸を止めず、力を抜きながら引っ張られるところをもみほぐしていきます。

力が抜けた状態で、アニメでもマンガでも小説でも読んでください。

音楽を聴きながら寝ててもいいですね。

慣れてくると、足首に重り(自分は5Kg)を巻きます。

ひざが痛い場合はやめておいた方がいいです。

終わったら脚が閉じられない時がありますので(^^;

しっかりほぐしてあげてください。

お風呂上りにでも、毎日続けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です