おやじのえねるぎ~

おやじは、朝にレッドブル、昼にリポビタン、夜に養命酒でばっちりえねるぎ~を補給しとるぞい。

って、いう話ではなくて、運動エネルギーの話です。

運動エネルギーの公式を見てみましょう。

K=(1/2)*(m*v^2)

運動エネルギーK[J]は(質量m[Kg]*速度v[m/s]の二乗)に比例していることを示しています。

ここで、速度の二乗がポイントですね。

Aさんの体重60Kg(軽量級)、Bさんの体重が100Kg(重量級)の二人が正拳での一発勝負をしました。
さて、どっちが勝つでしょうか?
ただし、全体重が拳にのり、かつ、Aさんは35Km/hのパンチ、Bさんは25Km/hのパンチが出せるとし(ちなみにボクサーのパンチの速さはだいたい40Km/h程度だそうです)、運動エネルギーがそのまま打撃力に変換されるとします。

ここまで、条件を制限すると運動エネルギーの計算ですみそうです。

結果は、以下の通りです。

Aさんの運動エネルギー:2836[J]
Bさんの運動エネルギー:2411[J]
※計算間違ってないよね。

Aさんの運動エネルギーの方が勝っており、上記の条件のもとで突きを出せば軽量級のAさんがかつる!!!

実際にはこんな単純な問題ではないですが、スピードが速いほど有効であるのは間違いないと思います。

次回は、おやじの突きや蹴りのスピードの上げ方について、考えてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です